子作り用の嫁が少子化対策として政府から送られて来た件の内容

少子高齢化によって、国の維持が難しくなってしまったお話。
その国ではなんとか打開策を探していた。

 

しかし、どんなことをしても少子高齢化は進み、子供の数はどんどん減っていってしまった。
このままでは国そのものの維持が困難になってしまう。

 

そこで国は今まで誰の行ってこなかった新しい法律を制定した。

その名前は『強制結婚法』

この法律は妊娠適齢期の女性を隔離し、洗脳した後、未婚の男性に送りつける法律。

 

エッチなことに特化し、妊娠するように洗脳された女性は各地の独身男性と子作りに励む……

 

政府をそれを期待していた。

 

 

普通のサラリーマンをしていた主人公のところにも、政府から少子化対策のための嫁が送られて来た。

今まで女性に相手にされていなかった主人公にとって、政府から送られて来た子作り用のお嫁さんはとても魅力的だった。
こんな若くて可愛い女の子が自分のお嫁さんになってくれるなんて……

 

主人公は夢にも登る気持ちだった。

 

 

洗脳によって、主人公が愛おしくてたまらないように思っている嫁は、さっそく主人公との子作りに励む。

エッチなことに慣れていない主人公の彼女を気持ちよくさせようと一生懸命に腰をふります。

 

何度も何度も彼女の膣内に中出しし、赤ちゃんを作ろうとします。

 

彼女の魅力的な身体を使い、旦那様である主人公の興奮をさらに高めようと献身的になってくれます。

 

エッチなことを繰り返すうちに、純粋なお嫁さんはよりエッチな心になっていきます。

 

最初は妊娠し、元気な赤ちゃんを産むことがメインだったのに、主人公と気持ちがいいエッチなことがしたい……
そう思うようになってしまったのです。

 

 

最終的に可愛らしい子作り用のお嫁さんと主人公の運命は……

 

どうなってしまうのでしょうか?

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です