気に入った女性社員をオフィスや工場で生ハメして孕ませても怒られない会社の内容

女子社員ばかりが働く工場に入社してきた1人の男性社員。
主人公である彼には特別な権利が与えられた。

 

それは会社に在籍している女の子に生ハメエッチを楽しめる男なら1度は憧れる羨ましい権利だった。

『気に入った女性社員をオフィスや工場で生ハメして孕ませても怒られない会社』はそんな可愛い女の子たちと生ハメエッチを楽しめる男の話。

主人公が入社した工場には、可愛い女の子が多く働いていた。

健全な男である主人公はそんな彼女達とエッチで楽しいことができたらいいなぁ~
と妄想を膨らませていた。

そんな主人公の妄想がなんと実現してしまった。

 

会社の方針により、職場の女の子と生ハメして、しまいには孕ませる権利を貰ってしまったのだ。

こんなとんでもない権利を会社の女の子達が認めるはずがない……

そう思っていた主人公だったが、彼女達は気にする様子もなく、主人公とエッチなことをする期待を寄せていた。

理由は彼女達のエッチに対する貪欲さにあった。

彼女達は『ド』が付くくらいのビッチな淫乱女たち。

毎日のように男に犯せれ、中出しエッチをさせ、無理やり孕まされることを想像してしまう性癖の持ち主だったのだ。

 

本当に彼女達と中出しエッチをしてもいいのか……

戸惑っている主人公に自ら進んで身体を差し出す女先輩社員の2人組み。
もちろん、彼女達の目的は主人公に中出しエッチをしてもらうこと。
初めての3Pに戸惑ってしまう主人公をリードするように、自分の身体を差し出す美人社員の2人組み。

 

もちろん、彼女達以外の職場の女性にもエッチな行為をし放題。
職場の工場で働く人妻でもいいですし、職場見学でやってきた女子学生にも中出しエッチを楽しめる。
最初は戸惑っていた主人公だったが、自分の絶倫を発散させるチャンスとばかりに何度も何度も女の子を弄ぶのだった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です