FANZAで牝船~少女は船で牝になる~を買ってみた

FANZAで牝船~少女は船で牝になる~を買ってみたので内容を紹介します。

ちなみにFANZAはクレジットカードがなくてもいろいろ支払い方法があるので便利ですよ。
FANZAの支払いについて知りたい人はこちらが参考になります⇒FANZA 支払い

 

<牝船~少女は船で牝になる~の内容>

主人公の朱里はとても楽しい気分だった。

 

誕生日の朱里は両親から制服のプレゼントを買ってもらったのだ。

ケンカばかりしていた両親だったが、最近お金の問題が解決したらしい。

 

 

これもサラリーマンの山田さんが家に来てお金の相談をしてくれたからだ。

 

今日は山田さんが特別なプレゼントがあると言ってくれた。

両親の山田さんなら安心と送り出してくれた。

 

 

どうやら遠くの場所でもらえるプレゼントのようだ。

 

山田さんによって車の中に案内された朱里はそこで意識を失ってしまった。
この時、朱里は自分がまさか両親によって身売りされたとは思ってもいなかった。

 

誕生日にプレゼントされた制服は、最後の罪滅ぼしのつもりだったのだろう。

 

 

朱里は気がつくと、見知らぬ船の中にいた。

どうして自分がここにいるのか……

 

何もわからなかった。

 

両親はおろか優しい山田さんもいない。

朱里が周りを見渡すと、自分と同じくらいの女の子たちを見つけた。

しかし、そこでは恐ろしい行為が行なわれていた。

 

それは船員と見られる男たちが無理やり少女達を犯していた。

 

止める者は誰もおらず、無理やりこういう行為をするのが当たり前になっている。
そんな風に見えたくらいだ。

 

 

恐ろしくなった朱里は逃げ出そうとするが、船員達によって捕まってしまう。
そして聞きたくない真実を告げられた。

朱里は両親によって、身体を売られてしまったのだ。

 

 

大好きなパパとママが自分を売るはずがない。

そう訴えても何も意味がない。

 

身体を売られた朱里に待っているのは、船旅で欲求不満になっている船員たちからの中出しエッチだけなのだ……

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です