感覚がつながる魔法のオナホの内容

刺激のない日常で魅力的な女の子を自分の牝奴隷に調教するチャンスが転がってきたら……

 

『感覚がつながる魔法のオナホ』は不思議なアダルトグッズを手に入れた男の物語。

 

主人公の男は喫茶店の雇われ店長をしていた。

 

刺激も楽しさもない生活の中で、唯一だけ主人公が気を紛らわせている時間が妄想。

妄想の中で好みの女性客を調教するのだ……

実際に行動に移せない主人公にとって、これは唯一つの楽しみだった。

 

 

そんな主人公に1つの転機が訪れた。

道端で1人の女性にアダルトグッズを渡されたのだ。

 

それは『感覚がつながる魔法のオナホ』。

 

これで自分の好みの女性を実際に汚すことができるそうだ。

 

 

 

普通なら信じない話だが、主人公はオナホを渡した女性のおぞましさに恐怖を感じていた。
そこで試し、店によく来るギャルを使って、オナホの効果を試してみることにした。

 

 

魔法のオナホを使うには、相手の女性の髪の毛が必要になる。

そこで男は偶然を装って、ギャルに近づき、髪の毛を手に入れることに成功した。

 

髪の毛を抜かれ、痛い思いしたギャルは主人公に罵声を浴びせる。

必死に謝りながらも、主人公は心の中で喜んでいた。

 

 

そして、オナホにギャルの髪の毛を要れ、自慰行為を始めた。

まるで本当の膣内に入っているような気持ちよさを主人公は感じていた。

 

ギャルを見ると、必死に気持ちよさを押さえているようにも見えた。

半信半疑だったが、本当にお互いの感覚が通じてしまう魔法のアダルトグッズだったのだ。

 

これから主人公の調教劇がはじまろうとしていた。

 

 

子作り用の嫁が少子化対策として政府から送られて来た件の内容

少子高齢化によって、国の維持が難しくなってしまったお話。
その国ではなんとか打開策を探していた。

 

しかし、どんなことをしても少子高齢化は進み、子供の数はどんどん減っていってしまった。
このままでは国そのものの維持が困難になってしまう。

 

そこで国は今まで誰の行ってこなかった新しい法律を制定した。

その名前は『強制結婚法』

この法律は妊娠適齢期の女性を隔離し、洗脳した後、未婚の男性に送りつける法律。

 

エッチなことに特化し、妊娠するように洗脳された女性は各地の独身男性と子作りに励む……

 

政府をそれを期待していた。

 

 

普通のサラリーマンをしていた主人公のところにも、政府から少子化対策のための嫁が送られて来た。

今まで女性に相手にされていなかった主人公にとって、政府から送られて来た子作り用のお嫁さんはとても魅力的だった。
こんな若くて可愛い女の子が自分のお嫁さんになってくれるなんて……

 

主人公は夢にも登る気持ちだった。

 

 

洗脳によって、主人公が愛おしくてたまらないように思っている嫁は、さっそく主人公との子作りに励む。

エッチなことに慣れていない主人公の彼女を気持ちよくさせようと一生懸命に腰をふります。

 

何度も何度も彼女の膣内に中出しし、赤ちゃんを作ろうとします。

 

彼女の魅力的な身体を使い、旦那様である主人公の興奮をさらに高めようと献身的になってくれます。

 

エッチなことを繰り返すうちに、純粋なお嫁さんはよりエッチな心になっていきます。

 

最初は妊娠し、元気な赤ちゃんを産むことがメインだったのに、主人公と気持ちがいいエッチなことがしたい……
そう思うようになってしまったのです。

 

 

最終的に可愛らしい子作り用のお嫁さんと主人公の運命は……

 

どうなってしまうのでしょうか?

 

 

秘密の通学電車~シツケの時間の内容

何も知らない清楚な女の子が痴漢の魔の手によって、順応な牝奴隷へと調教されていく……

そんな調教劇を女の子の体験談形式で描いたのが『秘密の通学電車~シツケの時間~』

大人しい主人公の女の子のエッチさに興奮間違いなしです。

 

 

主人公の亜美はクラスでも大人しい読書好きな女の子。

少し天然で体育が苦手という可愛らしい一面もあります。

 

そんな彼女の魅力は制服の上からでも分かるGカップのバストサイズ。
内気な少女とのギャップがより魅力的に感じさせます。

 

その巨乳が今回の事件の発端になってしまうのです。

 

亜美が利用している塾の帰りの時間は丁度サラリーマンの帰宅時間に当たります。
電車も満員状態で身動きが取れない状態です。

 

大人しく巨乳の亜美は何度も痴漢に合っているので、あまり利用したくありませんでした。
しかし、早く家に帰るためには利用しないわけにはいきません。

 

その日も電車の中で愛読書を読んでいると、お尻に違和感を感じます。

 

どうやら、男の人が自分の身体を亜美のお尻に押し付けているようです。

何度か身体を捩じらせて、男の人を離そうとしますが、満員電車の中ではあまり効果がありません。

 

痴漢をされても亜美は内気なので耐えるしかありません。

 

そんな亜美の心情を察した痴漢の行動はどんどんエスカレートしていきます。

 

最初は身体を近づけるだけだった痴漢でしたが、次第に手でお尻や巨乳を触るようになります。
それでも亜美は声を出すことができません。

 

痴漢もそれを分かっているからどんどんエッチな事をしていくのです。

 

 

最初は嫌がっていた亜美でしたが、痴漢の愛撫によって今まで感じたことがない気持ちよさを実感してしまいます。
そして、痴漢によって電車の中で何度も何度も絶頂を迎えてしまうのです。

 

 

FANZAで牝船~少女は船で牝になる~を買ってみた

FANZAで牝船~少女は船で牝になる~を買ってみたので内容を紹介します。

ちなみにFANZAはクレジットカードがなくてもいろいろ支払い方法があるので便利ですよ。
FANZAの支払いについて知りたい人はこちらが参考になります⇒FANZA 支払い

 

<牝船~少女は船で牝になる~の内容>

主人公の朱里はとても楽しい気分だった。

 

誕生日の朱里は両親から制服のプレゼントを買ってもらったのだ。

ケンカばかりしていた両親だったが、最近お金の問題が解決したらしい。

 

 

これもサラリーマンの山田さんが家に来てお金の相談をしてくれたからだ。

 

今日は山田さんが特別なプレゼントがあると言ってくれた。

両親の山田さんなら安心と送り出してくれた。

 

 

どうやら遠くの場所でもらえるプレゼントのようだ。

 

山田さんによって車の中に案内された朱里はそこで意識を失ってしまった。
この時、朱里は自分がまさか両親によって身売りされたとは思ってもいなかった。

 

誕生日にプレゼントされた制服は、最後の罪滅ぼしのつもりだったのだろう。

 

 

朱里は気がつくと、見知らぬ船の中にいた。

どうして自分がここにいるのか……

 

何もわからなかった。

 

両親はおろか優しい山田さんもいない。

朱里が周りを見渡すと、自分と同じくらいの女の子たちを見つけた。

しかし、そこでは恐ろしい行為が行なわれていた。

 

それは船員と見られる男たちが無理やり少女達を犯していた。

 

止める者は誰もおらず、無理やりこういう行為をするのが当たり前になっている。
そんな風に見えたくらいだ。

 

 

恐ろしくなった朱里は逃げ出そうとするが、船員達によって捕まってしまう。
そして聞きたくない真実を告げられた。

朱里は両親によって、身体を売られてしまったのだ。

 

 

大好きなパパとママが自分を売るはずがない。

そう訴えても何も意味がない。

 

身体を売られた朱里に待っているのは、船旅で欲求不満になっている船員たちからの中出しエッチだけなのだ……

 

 

やたら発育のいい女子○学生といつでも誰でも子作りS○Xできる学校の内容

『国立帝王女子学校』。

その学校は大自然に囲まれた場所にあり、都会から隔離された特別な環境にあった。
そんな場所に学校があるにもかかわらず、進学校として名門と呼ばれている『国立帝王学校』への入学希望者は途絶えることがなかった。

 

 

そんな名門中の名門である『国立帝王女子学校』には秘密があった。

それは、学校にいる女子生徒1500人がみな痴女気質を備えている点だった。

 

 

だからこの学校の教師はいつでも好きなタイミングで女子生徒と中出しエッチを楽しむことができる。
学校に在籍している男性教師は皆絶倫の持ち主。

1回射精したくらいじゃ収まりがつかない性欲の持ち主なのだ。

そして、今日も1人の女子生徒が男性教師の餌食にされてしまう。

 

主人公である男性教師は、1つのクラスを担任に受け持つことになった。

 

『国立帝王女子学校』に在籍している女の子は、皆が発育のいい身体をしている痴女気質の女の子。
その中でも群を抜いての可愛さを備えているのが長谷川知美。

主人公の性欲は彼女を犯したいと訴えていた。

 

 

受け持ちである数学の授業中に彼女を犯そうと決めた男性教師。

場所はクラスメイトが授業を受けている教室でだ……

 

普通の学校なら大問題になってしまうレイプ行為もこの学校ではまったく問題がない。

なぜなら、この学校に在籍している女の子は皆がエッチに貪欲な痴女気質の持ち主。

 

授業中の教室でエッチなことが始まっても、悲鳴を上げるどころか顔を赤らめながら、見入ってしまうくらいエッチが好きな女の子ばかりなのだ。

もちろん、身体を弄ばれてしまう長谷川知美も隠れた痴女気質の持ち主。

主人公のそそり立つ男根に興味を持ってしまい、身体を汚されてしまう。

 

何度も何度も女としての悦びを教えられる長谷川知美はここで本当のビッチになるだろう。

黒ギャルビッチ姉にまかせなさいの内容

夏休みになり都会から田舎に帰ってきた美鈴お姉ちゃん。
現役JKとは思えない爆乳と日焼けした健康的な黒ギャル気質の持ち主。

身体は大人になり、都会に出て、エッチの経験値を豊富に取得したようです。

 

 

そんな美鈴お姉ちゃんは年下の男の子とエッチするのが大好きなビッチちゃん。

田舎には夏休みを満喫していた子どものワタル君がいました。

 

 

美鈴お姉ちゃんはこの子とエッチなことをしようと考えていたのです。

 

まだ、子どものワタル君はエッチに関する興味を持ち始めたばかりの年齢。

そんな子どもに自分の身体を使って、エッチのお勉強をしてあげます。

ワタル君を押し倒し、逆レイプをしてしまう美鈴お姉ちゃん。

 

 

怖がりながらも自分の身体に反応して大きくなってしまうワタル君が愛おしくなってしまいます。

夏休みなので、どこでもエッチなことができます。

 

泊まっている家はもちろん、お風呂場やプールでも美鈴お姉ちゃんのエッチなお勉強は続きます。

全ては自分が気持ちよくなるため……美鈴お姉ちゃんはそう思っていました。

 

 

しかし、その考えは大きく外れそうになっています。

ワタル君の子どもとは思えないような性欲の強さと硬い肉棒がそうさせました。

童貞を奪われ、何度も何度もエッチな勉強をしたワタル君の性欲は美鈴お姉ちゃんを凌ぐほどになっていたのです。

 

自分からエッチなことをお願いするようになり、何度も何度も絶頂を味わされることになる美鈴お姉ちゃん。

もちろん、全て中出しです。

 

 

何度も中出しされ、エッチのリード権はしだいに美鈴お姉ちゃんからワタル君に移っていきます。

ワタル君のショタザーメンを美味しそうに膣内に受ける美鈴お姉ちゃん。

その姿はワタル君専門の牝奴隷です。

すっかりワタル君のエッチによって、立場が逆転し、堕とされてしまったようです。

 

 

母親失格の内容

人気の母親と息子の禁断の近親相姦を描いた漫画ですが、学園モノも収録されています。
それが『母親失格』

このまま犯されたら、未も心も息子に捧げてしまう……

 

そんな禁断の関係を描いた漫画です。
今回は冒頭から読める学園モノのエッチな漫画を紹介していきます。

 

いつものように明るくて屋らしいクラスのアイドル 横山鈴華。

彼女は誰にでも分け隔てなく接する女の子。

 

自分のように根暗な人間でもきちんと友達のように挨拶してくれる。

 

そんな自分は彼女と目を合わす事もなかなかできない。

気持ち悪いと思われたらイヤだったからだ。
そう思っている根暗な男の子が今回の主人公。

 

 

主人公は密かに横山鈴華に好意を寄せていた。

彼女のような美人で優しい女の子が、自分のことを好きになってくれたらどんなにいいだろうか……

 

 

しかし、そんな夢のようなことが起こるはずもない。

そう主人公はわかっていた。

 

彼女が自分に接してくれるのは、同じ学校の同じクラスだから。

卒業し、学校もクラスも離れてしまえば、自分と彼女の接点はなくなる。

そうなれば、話かけてももらないだろう。

 

そして、自然とお互いが忘れてしまう……

 

高値の華の彼女には近寄ることもできないのだ。

 

そう思ってたのに、先生のいない保健室で彼女は同じクラスの男子から犯されていた。

彼女が無理やり犯されているのではない。

 

 

心のどこかで彼女が求めているのだ。

恋人でもない男のペニスを美味しそうに口いっぱいに頬張るクラスのアイドル。

さらに好きでもない男の精液を中出しされ悦んでいる……

こんなの自分が憧れた女の子じゃない……

 

そう否定すればするほど、目の前にいる横山鈴華がとても美しい存在だと感じてしまう。

そう感じてしまった主人公は……

気に入った女性社員をオフィスや工場で生ハメして孕ませても怒られない会社の内容

女子社員ばかりが働く工場に入社してきた1人の男性社員。
主人公である彼には特別な権利が与えられた。

 

それは会社に在籍している女の子に生ハメエッチを楽しめる男なら1度は憧れる羨ましい権利だった。

『気に入った女性社員をオフィスや工場で生ハメして孕ませても怒られない会社』はそんな可愛い女の子たちと生ハメエッチを楽しめる男の話。

主人公が入社した工場には、可愛い女の子が多く働いていた。

健全な男である主人公はそんな彼女達とエッチで楽しいことができたらいいなぁ~
と妄想を膨らませていた。

そんな主人公の妄想がなんと実現してしまった。

 

会社の方針により、職場の女の子と生ハメして、しまいには孕ませる権利を貰ってしまったのだ。

こんなとんでもない権利を会社の女の子達が認めるはずがない……

そう思っていた主人公だったが、彼女達は気にする様子もなく、主人公とエッチなことをする期待を寄せていた。

理由は彼女達のエッチに対する貪欲さにあった。

彼女達は『ド』が付くくらいのビッチな淫乱女たち。

毎日のように男に犯せれ、中出しエッチをさせ、無理やり孕まされることを想像してしまう性癖の持ち主だったのだ。

 

本当に彼女達と中出しエッチをしてもいいのか……

戸惑っている主人公に自ら進んで身体を差し出す女先輩社員の2人組み。
もちろん、彼女達の目的は主人公に中出しエッチをしてもらうこと。
初めての3Pに戸惑ってしまう主人公をリードするように、自分の身体を差し出す美人社員の2人組み。

 

もちろん、彼女達以外の職場の女性にもエッチな行為をし放題。
職場の工場で働く人妻でもいいですし、職場見学でやってきた女子学生にも中出しエッチを楽しめる。
最初は戸惑っていた主人公だったが、自分の絶倫を発散させるチャンスとばかりに何度も何度も女の子を弄ぶのだった。